クレジットカードには、ペイメントカードとT&Eカードに分類
する事が出来ますが、今回はT&Eカードを取得する際に覚えて
おいて損はない商品区分(取り扱い区分)について紹介したい
と思います。


ペイメントカードとは?
いわゆるクレジットカードの事で、決済用カードになります。

VISA、マスターカードが該当します。

T&Eカードとは?
トラベル&エンターテイメント(TRAVEL&ENTERTAINMENT)
カードの略で、旅行やホテル、レストランなどの趣味に特化した
娯楽用カードになります。

アメリカンエクスプレス、ダイナースクラブ、JCBが該当します。

ラウンジサービス、ホテルのアップグレード、予約の取りにくい
高級ホテルやレストランの予約、コンシェルジュサービスなど、
エンタテイメントに特化した付帯サービスが特徴のカードです。


今回は日本ブランド「JCB」の最高峰「JCBザ・クラス」を取得
する方法を紹介する前に、覚えておいた方がいいであろう商品
区分について紹介したいと思います。



商品区分コード   商品・サービス

000 海外一般商品・サービス
010 海外キャッシング
020 海外電話通販
021 海外電話通販(交通)
022 海外電話通販(サービス)
023 海外電話通販(高換金性物品)
024 海外電話通販(準換金性物品)
025 海外電話通販(金券類)
030 海外郵便通販
031 海外郵便通販(交通)
032 海外郵便通販(サービス)
033 海外郵便通販(高換金性物品)
034 海外郵便通販(準換金性物品)
035 海外郵便通販(金券類)
040 海外医療
050 海外授業
060 海外宿泊
080 海外レンタカー
090 海外飲食

100 キャッシング
110 ローン
120 通販
121 通販(交通)
122 通販(サービス)
123 通販(高換金性物品)
124 通販(準換金性物品)
125 通販(金券類)
130 ネット通販
131 ネット通販(交通)
132 ネット通販(サービス)
133 ネット通販(高換金性物品)
134 ネット通販(準換金性物品)
135 ネット通販(金券類)
136 ISP利用料 プロバイダー・インターネット
137 デジタルデータ

200 鉄道・バス
201 鉄道・バス(回数券)
202 鉄道・バス(プリペイドカード)
203 鉄道・バス(企画券・定期券)
210 国内線航空券
211 航空回数券
212 国際線航空券
220 船舶乗船券
230 国内パック旅行
231 海外パック旅行
240 レンタカー・タクシー・ハイヤー
250 引っ越し

300 宿泊
310 宴会
320 飲食
330 各種施設
331 ゴルフプレイ料
332 遊園地入場料
333 カラオケ
340 入浴
350 不動産
351 改装

400 修理・営繕
410 美理容 エステ・ネイル
420 医療
421 按摩等施設
430 電話通話料
431 電話通話料(国内)
432 電話通話料(国際)
433 電話通話料(携帯・PHS)
440 授業
450 保険料
460 新聞
470 公共料金
480 協会予約コード
490 カード会社ローカル利用コード

500 宝石・貴金属
510 指輪
540 時計
541 ライター
560 カメラ・レンズ
561 カメラ・レンズ(ビデオカメラ)
562 カメラ・レンズ(デジタルカメラ)
570 事務用品
590 協会予約コード

610 工具・園芸用品
650 一般電気製品
652 音響製品
653 ビデオ
654 エアコン
656 DVDプレイヤー・レコーダー
657 液晶テレビ
660 照明具
670 携帯電話・PHS
680 OA
681 OA(パソコン)
682 OA(周辺機器)
683 OA(ノートパソコン)

710 自動車・オートバイ
720 自転車
730 中古車
750 ガソリン
760 自動車用品
770 カーナビ
790 メガネ・コンタクトレンズ

810 医療品・化粧品
820 家庭用品
830 洋服
832 呉服
840 カバン
850 靴
860 寝具・カーペット
870 服飾雑貨
880 家具
890 食料品・生活消耗品
891 食料品・生活消耗品(健康食品)
892 食料品・生活消耗品(酒・たばこ)
893 食料品・生活消耗品(土産)
894 食料品・生活消耗品(生花)

910 スポーツ用品・玩具
911 スポーツ用品・玩具(ゴルフボール)
912 スポーツ用品・玩具(ゴルフクラブ)
913 スポーツ用品・玩具(ゲーム本体・ソフト)
914 スポーツ用品・玩具(ペット)
920 書籍・レコード・CD
921 書籍・レコード・CDレンタル
950 楽器
970 美術・骨董・古銭切手類
980 贈物
981 金券類
990 区分不能

※情報元はクレジットカードに詳しい猫さんという方がまとめたもの
のようですが、リンク先が消えていたので詳細は不明です。

クレジットカードヒストリー(クレヒス)を作る時に、ただ使いまくる
だけでは上級カードは手に入りません。

※銀行経由での取得や、収入証明書を同封出来る位の高所得者
なら問題はないかもしれません。

クレジットカード会社は一つ一つをチェックする事はありませんが、

商品区分(670 携帯電話・PHS)が多い
頻繁だとMNP転売を疑われる

商品区分(133/134 ネット通販 高・準換金性物品)が多い
自転車操業や転売での収入を疑われる

など、換金性の高いもの区分が多いと、上級カードの取得は
難しくなります。

T&Cカードは収入の多い方の為の娯楽カードになるので、収入が
低い人が換金性の高い商品を定期的に買う場合、育てたいカード
での購入は控えましょう。

ちなみにJCBザクラスカードのインビテーションがくる基準は、
40歳以上、年収1500万円以上、勤続年数10年以上のようです。

これを年収300万円、賃貸で取得したい方は、次回の更新記事も
チェックしてみて下さい。
収入に対して最適な利用額や、複数枚カードを持っている方の
注意点なども紹介しています。

ちなみに、

延滞・遅延などがある
全く利用していない死蔵カードになってしまっている
退職・退社をして収入が減ってしまった

などの理由がない限りは枠を下げられる事はありませんが、
「換金性物品」「金券類」「回数券」などの換金性の高い区分利用
が多いと、楽天カードのエラーコード2(強制解約)やショッピング枠
を下げられてしまう場合があります。

クレジットカード枠を上げてもらえない方や、上級カード会員に
なれないかたは、まず自分が利用しているクレジットカードの
区分チェックをお勧めします。