スターバックス福袋2017の販売方法が決定!

スタバ福袋2016の初売りでは、1店舗で全ての福袋を転売の為に買い占める通称“スタバ二子玉川店福袋買い占め事件”が起こり苦情が殺到した事もあってか、今回は販売ルールが明確に設定されました。



発売日 2017年1月1日(日)
スターバックス福袋 2017
販売価格 6000円

2017年は6000円の福袋1種類を販売。

販売ルールは、
1:スタバ福袋用の引換券を1人1枚配布 初日のみ
2:1人1個までの購入制限あり 初日のみ

以前から販売数を発表しているお店もありましたが、2017年は全店で販売予定数を店頭にて告知する事となりました。
なので、整理券配布列の人数を確認すれば自分が買えるかどうかの確認が可能となります。

ヤフオク  アマゾン  楽天市場  ヤフーストア

販売店舗一覧はこちら
http://www.starbucks.co.jp/assets/images/web2/images/luckybag/pdf/luckybag.pdf
※PDFになります

各店販売開始時刻や整理券の配布時間が異なるので、確実に手に入れたい方は年末に最寄りの店舗までお問い合わせください。

福袋の中身は?
毎年大まかな内容は決まっていますが、昨年の内容は

非売品トートバッグ  (福袋用に作られたオリジナルバッグです)
・コーヒー豆  2種
・スターバックスヴィア 1種
・ビバレッジカード 4枚 (ドリンク無料チケット)
・オリジナルデザイングッズ 2016年はグラスマグセット(3500円の福袋はロゴ入りノート)
+α
・在庫処分グッズ (ステンレスマグやタンブラーなど)

だったので、来年もこのような感じになるのではないかと思います。

福袋の中身はお店によって違うの?
ベースは同じですが+αの部分が店舗によって異なります。
今までの経験上大量に福袋を販売する店舗は+αがかなり微妙です。

店内の広さや立地条件ですぐ判別が可能かと思いますが、福袋の販売数が多い店舗は在庫が多く余った商品を詰め込まれるので、全国で売れ残った商品が入る可能性が非常に高いです。
なので、大型店舗で複数個購入した場合は、中身が同じものになる可能性が高いです。

個人的に2016年のハズレは渋谷ツタヤ店。SNS(インスタグラム、Twitter)のネタバレを見る限りは販売数が多かったものの中身は全く一緒で+αも在庫処分タンブラーでした。

大当たりだったのは沖縄空港店と丸の内店。
那覇空港北ウィング店はANA側で飛行機に乗らない人は買う事が出来ない場所ですが、プレミア化しているバレンタイン限定ステンレスボトルが入っていました。

スターバックス福袋を確実に買う裏技

深夜営業店舗で0時に買う!
知っている人はなんてことない情報なんですが、SNSでも誤解している方がいたので改めて解説したいと思います。

スターバックスの福袋は、新年初売りの営業開始時刻より販売開始と告知されていますが、店舗の中には日付をまたいで営業をしているお店があります。
そういったお店では閉店後1月1日開店時刻ではなく、閉店前から購入する事が出来てしまいます。

スターバックス TSUTAYA東京六本木店の営業時間は朝7時から28時(朝4時)までですが、1月1日の開店時刻の朝7時ではなく日付がわかった瞬間の1月1日0時(12月31日24時)から
購入する事が可能となります。
六本木ヒルズウエストウォーク店、六本木ヒルズメトロハットハリウッドプラザ店は31日は25時(深夜1時)まで開店しているので、こちらでも購入する事が可能です。

通常朝4時まで営業をしているSHIBUYA TSUTAYA店は残念ながら2017年は一度閉店するとの事なので最速で買う事は出来ませんが、元旦にスタバの福袋をもって明治神宮に行くと「えっ?もう売ってるんですか?」「どこのお店ですか?」と聞かれる事が多かったので、意外と知られていない情報なのかもしれません。

近くに深夜営業をしているスタバがある方は意外と穴場なのでチェックしてみて下さい。
※2016年中に整理券の配布は行わないとの事なので、0時から整理券を配布 or 整理券を貰い即購入になりそうですが、詳細は店舗にて確認をしてみて下さい。

複数の店舗が密集する地域で買う!
原宿エリアや丸の内エリアなど、徒歩圏で複数の店舗がある所は毎年買いやすいです。
2017年は1人1個までという規制もあり、列に並んでいる人数で買える範囲にいるかどうかがわかるので、場所によっては買いやすくなると思います。

ちなみに丸の内は2日から営業する店舗が多いので、初日に買えなかった人は丸の内の店舗でチャレンジしてみて下さい。