ダイエットや健康を考えてトクホ(特定保健用食品)飲料を買っている人も多いと思いますが、気になるのが値段。
通常のペットボトル飲料と比べるとやや割高なので、毎日続けようと思うとそれなりにコストがかかります。

そこで、自宅で簡単にできるトクホ飲料の作り方を紹介したいと思います。



自作トクホ 自宅で出来るお手軽トクホの作り方

作り方といっても難しい事をするわけではなく、トクホ飲料で使われている脂肪や糖の吸収を抑える
難消化性デキストリン」を好きな飲食物に混ぜて飲む(食べる)だけです。

これを続ければ、トクホ飲料を飲んでいる時と同じ効果を得る事が出来ます。

難消化性デキストリンってなに?
簡単に言えば、トウモロコシのデンプンで作られた食物繊維になります。
キリンメッツコーラ,、食事と一緒に十六茶、からだすこやか茶W、なかったコトに!、イージーファイバーなど、一度は聞いたことのあるトクホ・ダイエット向け商品にも含まれています。

主な効果・効能ですが、血糖値の上昇を抑制、脂肪の吸収を遅くする、腸内環境を整える、内臓脂肪を低減する、ミネラルの吸収促進などがあります。

大塚製薬さんの「食物繊維を摂ろう!意外と知らない食物繊維」の特集ページが分かりやすいと思います。
http://www.otsuka.co.jp/health_illness/fiber/about_fiber/type/dextrin/



どのメーカーの難消化性デキストリンがお勧めか?
以前格安品のレビューで「遺伝子組み換え」商品の疑いがあると書かれていた事があったので、“信用できるメーカー or 国”か?“遺伝子組み換え”か?は見ておいたほうがいいかもしれません。

メーカーによって「すぐに溶けやすい or 溶けにくい」「粒が細かい or 粗い」などはありますが、個人的に利用した中で一番のおすすめはこちら。

ヘルシーカンパニーの難消化性デキストリン(微顆粒品)
アマゾンで買う (販売カテゴリ)  楽天市場で買う (販売カテゴリ)

レビューでも上位になっていますが、無味無臭で粒が細かいので溶かしやすく使いやすいです。
ご飯(炭水化物)やおかずにふりかけてもよし、お味噌汁に溶かしてもよし。好きなペット飲料に足して“自作トクホ”として持ち歩くもよし。万能です。

袋から取り出すのが面倒な人は、「よく一緒に購入されている商品」に出てくる山佳化成のワンタッチシュガーポットがお勧めです。

山佳化成 ワンタッチシュガーポット
アマゾンで買う  カラー違い  楽天市場で買う

値段にバラつきがありますが全て同じ商品(容量)で、不人気カラーなのか緑だけは安く買う事が出来ます。

微顆粒は砂糖より細かく詰まりやすいので7分目まで入れるようにして、何か食べる(もしくは飲む)時にひと振り(ゆっくり逆さまにしていく)で2.5g~3gかける事が出来ます。
デキストリンの1日の摂取目安は5g~10gなので、1日2.5g~を朝昼晩の食事の時に振りかければ達成。

ちなみにかけすぎても(1日の摂取量を超えても)効果はないので注意して下さい。おなかがゆるくなります。



デキストリンの摂取方法は?
レビューを読むと勘違いをしている方もいるようですが、飲み方を間違えると全く効果がありません
必ず食事と一緒に飲む(もしくは食べる)ようにして下さい。

お味噌汁やスープなどに混ぜるのが一番摂取しやすいと思います。
※購入したペットボトルに粉を溶かして持ち歩いて飲んでも、食事中以外での効果はほとんど期待できません。



デキストリンの痩せ効果はいつわかる?
商品レビューを参考にするとわかりますが、本気で痩せたいと思い毎日続けている方は効果が出ています。
逆に早い効果を期待し摂取しすぎで「オナラが止まらなくなった」「おなかが緩くなった(お通じがよくなったとは違う)」という理由で低い評価をつけている人もいるようです。
トクホと同じく長期的に続けて初めて効果が出るので、最低1ヵ月毎日続けてみて下さい。

番外編 イヌリンでトクホ風ダイエット飲料を作ろう
難消化性デキストリンと並んで売れているのが「イヌリン」で、インシュリンの分泌を抑える効果がありお腹も膨れるので、満足感にもつながりダイエット効果が更に高くなると言われています。
一部のダイエットサプリにはこのイヌリンが使われています。

ちなみに写真に掲載しているのは新製法で作った無味無臭のNICHIGA(ニチガ)のイヌリンです。
アマゾンで買う

糖尿病改善やダイエット目的で購入されている方が多いようですが、個人的にデメリットと思うのは「水に溶けにくい」「お腹にガスが溜まりやすい」という点です。
善玉菌が増え腸が活発になる為だそうですが、使い続けている限りおならが増えてしまうのがマイナス面になると思います。