JAL(日本航空)にて、国内線ラウンジの利用規約を改訂され、今まで禁止していた飲食物の持ち込みが可能になりました。



今までの利用規則では、「ラウンジ内への飲食物の持ち込みはご遠慮ください」と制限をしていましたが、今後はさくらラウンジ内では「ダイニングスペース」にて飲食が可能となり、ダイヤモンド・プレミアラウンジではどのスペースでも飲食が可能となりました。

但し、「周囲のお客さまのご迷惑になる場合がございますので、お持ち込みになられたにおいの強いもののラウンジでの飲食はお控えください」ともあるので、伊丹空港で「551蓬莱の肉まん」などはやめておいたほうがよさそうです。

詳しくは、「国内線ラウンジサービス ラウンジご利用規則について」に記載されています。
JAL国内線



ラウンジ内での以下の行為は、禁止行為の対象となりますのでご留意ください。
食器類・未使用のコピー用紙等の備品を無断で持ち出す行為
指定された場所以外における携帯電話での通話
指定された場所以外での喫煙行為
搭乗クラス、JMB会員ステイタス、アライアンス会員別に定める利用基準等に反する行為
万が一ご協力をいただけない場合には、ラウンジのご利用を制限させていただくとともに、弊社運送約款、JALマイレージバンク(JMB)一般規約等に則り、搭乗の制限、マイレージ会員資格の取消し等をさせていただく場合もございますので予めご了承ください。